老犬の皮膚病に自信のシャンプーや方法

犬を飼うことについて

犬を飼うことについて思ったことがあります。

 

犬を飼うことはとても癒し効果があります。
仕事でヘトヘトに疲れて帰ってきた時に玄関で待ち伏せをしてる犬に迎えられるとたちまちに笑顔になれます。

 

一人暮らしの部屋に帰ってくることはとても寂しいと思いますが犬を飼うと玄関のドアを開けることが楽しみに変わります。

 

また人は触り心地の良いものに触れているときに交感神経から副交感神経に切り替わりホッとするそうです。
そのため犬を撫でることは気持ちを落ち着けさせ精神を安定させる効果があります。

 

犬と触れ合うことでセロトニンやオキシトシンといった幸せホルモンが脳内から分泌されてイライラや不安を和らげてくれたり、副交感神経に切り替わることで不眠を解消してくれたりするそうです。

 

犬は甘えたい時には身体をすり寄せてきたりお腹を見せてきたりごろごろと喉を鳴らしてきたりとサインを出してくれます。
普段は自由気ままなのに時々見せる甘えたい姿はとても可愛くて癒されます。

 

それとは逆に1人にさせていて欲しい時には犬のパーソナルスペースの箱の中に入ってしまいます。

 

箱の中に入っている姿やこたつで丸くなっている姿もとても気持ち良さそうでこちらまで温かい気持ちにさせてくれます。
このように犬を飼うことには癒し効果がたくさんあります。

 

 

トップへ戻る